板橋区医師会
サイトマップ ご意見・ご感想

 HOME > 医学会・区民公開講座・文化祭 > 第10回板橋区医師会文化祭

医師会からのお知らせ
医療機関のご案内
MAPから探す
診療科で探す
医療機関名で探す
休日・救急・夜間診療のご案内
休日医科診療当番表
板橋区平日夜間応急こどもクリニック
休日診療実施医療機関
救急病院
医療連携
特定健診機関・特定保健指導機関
もの忘れ相談医
小規模事業場への産業保健サービスの提供
健診・検診のご案内
予防接種のご案内
子育て支援
乳幼児・プレママプレパパコース
5歳児発達診療
子どもの心の診療医
在宅医療と介護
医学会・区民公開講座・文化祭
医師会のご案内
医師会の活動内容
医師会関連施設


医学会・区民公開講座・文化祭

 | 板橋区医師会医学会・区民公開講座・文化祭TOP | 医学会 | 公開講座 | 文化祭 |

第10回板橋区医師会文化祭
 平成20年10月23日(木) 文化会館小ホール

講演会
「親がなすべきたいせつなこと 〜大人の行動が子供に夢や希望や自信を抱かせる〜」
 大宅映子

平成20年10月23日(木)午後7時30分から板橋区文化会館小ホールにおいて、板橋区医師会文化祭−大宅映子講演会−が開催され、271名と多くの方がご来場されました。

本年9月に、板橋区医師会と板橋区共催の、「第13回板橋区医師会医学会」区民向け公開講座で「子どもの心のケアについて」のタイトルで講演とシンポジウムを開催させて頂き、区民の皆様に大変好評でしたので、今回はそれに繋がる、「親がなすべき大切なこと〜大人の行動が子供に夢や希望や自信を抱かせる〜」と題して大宅映子さんにご講演をお願い致しました。

大宅映子さんは文筆家大宅壮一さんの三女として東京でお生まれになり、国際基督教大学を卒業され、(株)日本インフォメション・システムズを設立し、文化イベントの企画をされ、また、多くの審議会委員を務められ「地球環境問題懇談会」でご活躍されました。また「教育改革国民会議」など広範囲に及ぶ日本の構造改革に関わって来られました。平成19年夏には、年金業務・社会保険庁監視等委員会の委員長代理に就任されておられます。

講演内容の「親がなすべき大切なこと」には大きく3つあり、
1)「家族の健康を守ること」つまり食事は外食や店屋物ではなく、出来るだけ「毎日、毎日家族一緒にごはんを食べる」こと。もし、「冷蔵庫を開けて何作るコンテスト」大会があったら優勝出来る位、御自分で料理を作ってこられたそうです。
2)意図的に「我慢しなければいけない状況」を作ること。子供は失敗してはじめて判断力がつくので、実際に親子で餃子を作ったり、実践させる事が必要。
3)「好きな物を見つけてあげる」。自分をしっかり持ち、子供に「自立」と「自律」をさせる。人と違うのは当たり前であり、人と違うのは良いことだと教えると、いじめも無くなる。などとても大切なことを指摘して下さいました。

講演についてのアンケートは208名の方に回答をいただき、とても満足が83%、まあ満足が17%で不満0%でした。参加された年齢は40−70才代の方が多かったです。大宅映子さんを始め、ご協力を頂きました関係者の方々に心から感謝いたします。

総務部理事 多比良 清

[ ↑ページトップへ ]

求人情報 リンク 個人情報保護方針 Copyright(C) Itabashi Medical Association